>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取

 

カワサキの販売店に売った方が良いの? – ninja250r 買取

ninja250rを売る時はカワサキの販売店に売った方が良いのか?他のメーカーに比べ、出荷台数も取扱い店舗数も少ないカワサキのバイクですが、カワサキのバイクをカワサキの販売店で売ったからと言って、高くなる訳では有りません。知らない方には衝撃かも知れませんが、これはホンダもヤマハもスズキも同じです。

バイク販売店には予算とスペースが限られています。バイク買取業者の方は、予算もスペースも特に制限は無いので、どんなバイクでも査定して買取額を出すことが出来ます。と言うのも、「ウチでは査定額を出せません」と査定を断るお店も多いです。

そもそも、買い取る予定がない物に時間を取られると、修理待ちのお客さんとかに迷惑が掛かるので、持込み査定、出張査定ともに行っていないお店も有ります。修理が運営のメインのお店です。その間に中古車を仕上げて販売する、そういった販売店が多いのでは無いでしょうか。

ニンジャ250Rもモデルチャンジしてニンジャ250(R無し)になって、一回り大きく見えるデザインになって、こちらの「初期型が良い」、「いや新型が良い」と好みによって分かれます。初期型のほうが中古車の価格も手頃で、デザインも今の10Rの流れを組んでいない時代の車両なので、優しい顔つきをしています。

Ninja250Rを売却する時の査定額は、年式(250の場合は車体番号)や走行距離で直ぐに近い数字まで出せる時代になっています。実際に買取したデータから、Ninja250Rの査定相場は直ぐに出せるので、時間がある人は、「バイク王の無料お試し査定」を使ってみると、業者を呼ぶ前に相場感が分かったり、「車検も無いし、もう少し乗るか」と売るのをやめる人もいます。1つの判断材料になるので、知っていると知らないでは違って来るので、おすすめは全員やった方が良いです。

ネットで中古バイク検索と言えばGooBike鑑定車ですが、見てみると、ninja250rの中古車販売価格は、「う~ん」です。何が「う~ん」なにかと言うと、おそらくこれからニンジャに乗るユーザーは、旧型がNinja250Rで、新型がNinja250と区別がついていない様で、販売店も方も、わざと旧型のページに新型を混ぜて載せています。

これを許せば、何のための検索か分からなくなります。販売店の車両を載せるんじゃなくて、「新型はこちら→」と誘導すればスッキリして良いと思うのですが。

旧型Ninja250Rの最高販売価格は¥460000円(税込み、新車)。なんと新車がまだ残っています。色はライムグリーンです。やはり、この車両にグリーンは似合いますね。最も安い価格の車両は、¥129900円でした。こちらはカラーがブラックです。黒もカッコイイですね。走行距離が6万キロを超えているので、通勤に使ってツーリングにも使って居たのではないかと思います。

バイクの中古車で6万キロは凄く感じますが、オイルとチェーン、スプロケ等をしっかり管理していれば、問題ありません。その分購入金額が安いので、思い切り遊べます。

話は寄り道しましたが、バイクを売る時は車両によって査定額は違います。中古販売価格はバイク屋さんが手間と時間とお金を掛けた金額なので、安いものは現状価格で手を入れていない物だと理解して購入が必要です。6万キロ走っても10万円近い買取相場が有るのかと想像しました。

買取はバイク王などの買取専門業者に依頼したほうが、手を入れずに業者間オークションに流すので、不要な手間と時間を掛けないので、原価のギリギリ上限まで出せる時があります。売却予定のninja250rは、自賠責が切れた、保証無しでもバッテリー上がりの不動車でも査定は出来ます。

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取