バイク売却 関連記事

40

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取

 

▲TOPにもどる

バイク売却 買取

31
バイク売却となると、買取業者を選定しなくてはいけません。
古いバイクもいつかは新しいバイクに乗り換えなる時期がやってきます。
乗り換えなくてもしばらく乗らないといったケースもあるでしょう。
このように、様々な理由でバイクを売らなければいけないケースが出てくるのです。

バイクを売らないでそのままにしておくと、税金もかかります。
廃車にしておくと、税金はかかりませんが、公道を乗ることはできません。
置いておいても維持費がかかる、あるいは場所を取るということになってしまうのです。

そのようなことで、バイクを手放さなければいけないときがやってきます。
それで、バイク売却ということになるのですが、まずは買取をしてもらわなければいけません。
もう一つ、下取りという選択があります。
多くの場合、バイクを乗り継ごう、買い替えようという場合、下取りも大きな選択肢となるでしょう。
あるいは、下取りのほうが手っ取り早いと考えている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、買取と下取りについて考えてみましょう。

買取りと下取りの違いとは

現在では流通の主流となっている感のある買取です。車でもバイクでも、新車ではなく中古車を買うという人も少なくないでしょう。
古い車やバイクでも数年前のタイプのほうが、現在のものより味があると感じたら迷わず手に入れたくなるものです。
実際にそういったニーズは多いですし、新車と同じように中古車や中古バイクは思った以上によく売れています。
特にバイクは趣味の乗り物ですから、長く乗る人、すぐに買い替える人など様々です。
バイクはなかなか売れない、バイクブームが去って往時の10分の1まで市場が小さくなったと言われていますが、古いバイクも新しいバイクも百花繚乱なのがバイク市場なのです。

買取のシステムは、買取業者に依頼して、バイクを引き取ってもらって現金化することです。
簡単に書いてしまえば買取というのはこれだけで済んでしまいます。

下取りはどうでしょうか

下取りの場合は、まず次に購入するバイクありきです。
すでに次のバイクが決まっていて、そのバイクを購入するための資金として、現在乗っているバイクを売却することです。
この場合、売却するのもバイクを購入するのも同じ業者ということになります。

買取りのメリットを考えてみます

売却する側から考えると、次に乗るバイクのことは考えず、買取ってもらうことだけを考えたら良い点です。
そこは、少しでも高くバイクを売却しようという考えですね。
買取業者の側からしても、バイクを買取査定して、査定額を提示して、買取するだけでいいのです。
買取査定の方法もシンプルですし、話もトントン拍子に進むことが多いでしょう。
デメリットとしては、買取査定額に正解がない点です。
買取相場の金額は出ているのですが、そこは買取業者側の思惑や、査定状況、市場動向などで買取り額というのは大きく左右されるのです。

もっとも、下取りについても同じことが言えます。
下取りは、業者の選定が済んでいるので一対一の交渉となります。
旧知の関係の場合も多く、話もトントン拍子に進むことが多いでしょう。
バイクを乗り継ぐのでしたら、下取りのほうが短期間で済むので好まれる方法ですね。

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取

 

▲TOPにもどる

バイク売却 査定

23

バイクの査定基準はどうなってる?

バイクの査定を買取業者に問い合わせると、買取業者によっては買取り額の概算を教えてくれます。
もちろん、相場ですから、その価格帯で収まることはほとんどありません。
これも、買取業者の査定士によるのですが、多くは概算の査定額から、差し引かれている、つまりはマイナス査定になることが多いのです。

もっとも、逆にこの部分が良いということでプラス査定になることもあります。
メンテナンスがマメでエンジンの状態が経年に比べて良い場合などは、プラス査定になることもあるでしょう。
しかし、買取業者が問い合わせのときに教えてくれた概算の相場金額が、マックスな状態の金額の場合、エンジンの状態が良好な場合を基準に考えるので、買取に出すバイクのエンジンの状態が良好でもそれが基準となってしまうと、プラス査定にもならなくなってしまうのです。

このあたりは、買取業者の一存によりますし、実際に査定士に買取査定をしてもらわないと分からない部分です。

それでもバイクの相場情報は事前にチェック

事前の買取相場はきちんと把握しておく必要があります。
そうでないと、買取業者から本査定を受けて、実際の買取金額を教えてもらっても、それが高いのか安いのか自分では判断がつかないのです。
あるいはついたにしても、それが相場観とはかけ離れたものであれば、大きく損をしてしまうことも十分に考えられるのです。
バイクの買取査定の依頼を受けた買取業者は、バイクの車種と年式、さらに走行距離などから買取相場情報をオークション市場などからチェックします。

従来は、車種や年式などから買取表などがあった(現在もあります)のですが、実際に市場で取引されている金額が重視されるようになったのです。
もっとも、オークション市場は一般の人は出入りも見聞きもできません。
ですから、クローズな世界でもあるのですが、それを一般の人に知られてしまうと、反対に買取業者としても買取がしづらくなることでしょう。

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取

 

▲TOPにもどる

バイク売却 買取相場

09

中古バイクの買取相場は?

バイクの査定額は車種によって大きく左右されることを知っておきましょう。
車と同じようにバイクにも人気車、不人気車があります。
同じような新車価格であっても、乗り始めた瞬間から中古バイクになります。
そうなると、中古車価格が発生するのですが、人気車と不人気車では、途端に買取相場価格というものに差が出てくるのです。

ですから、新車に乗っていずれは買取を考えるのであれば、人気のあるバイクを購入したほうがいいでしょう。
もっとも、そういうことはわかっていても、乗りたいバイクは人気不人気には関係なく欲しいものです。
ここでは、同じ年式であっての人気車のほうが買取相場価格も高いということを知っておきましょう。

バイクの買取査定額は、年式によって左右されます

走行距離も加味されると思いがちですが、走行距離はびっくりするほど伸びてなければそれほど意味はないようです。
ある程度走っているほうがエンジンが熟成されて喜ばれるという面もあります。
また、バイクのカラーも買取相場価格に微妙に影響します。
カラーによって人気不人気があるからです。

さらに市場に多く出回っているバイクでしたら、だぶつき感などが考慮されて、買取相場価格が抑えられる傾向があります。
爆発的にヒットしたバイクも、人気がすぐに落ちてしまうと、市場に中古車がだぶついてしまいます。
人気車だから買取相場も高いだろうと安心していたら、市場に同一バイクがあふれていて、二束三文は言い過ぎですが、買取り価格がかなり抑えられたということも良くある話なのです。

絶対的な高値というわけではありませんが、普通二輪でベストセラーと言われているのがホンダのCB400SFです。
これは、昔も今も安定した買取相場価格を実現しています。
こういったバイクを買っておけば次の買取の時にも安心して査定を受けることができるでしょう。
もっとも、普通二輪の定番すぎて面白みに欠けるという人も多いのも事実です。
また、長らく安定した人気を誇っていたSR400はついに製造中止になります。
長期間販売しすぎて、人気も下降気味であるところで、排ガス規制をクリアするのが難しくなったところでの製造中止です。
これは逆にこれから中古市場では人気が出てくるかもしれません。

バイクの買取相場価格は市場に出回っている数で決まることも
これは、需要と供給の考えからしたら当然のことです。
人気がいくらあっても、買う人がいなければ相場価格というのは下がっていきます。
もっとも、バイクは趣味の乗り物ですから、価格が暴落するということはありません。
それでも、数万円あるいは十数万円の値動きはありますから、そういった値動きに敏感に反応しながら買取のタイミングを計るのも一つの手と言えます。

バイクの買取査定額の相場というのは、車種の人気度がかなり影響します。
そして、と中古車市場のバイクの台数なども大きな影響を受けるのです。
ですから、人気車だから、買取は安心だと決して思わないほうがいいでしょう。
そもそも、次の買取を考えて買うものではないということも知っておきましょう。

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取

 

▲TOPにもどる

バイク売却 査定士

04

バイク査定士のチェック項目

バイクの買取査定は査定士が価格を決定します。
最近では、オークション市場の買取価格などが、買取査定価格に大きく反映されています。
そうなると、査定士は必要ないのではないかという意見もあるのです。
通常の状態のバイクでしたらある程度は、オークションの買取り価格などでまかなうことができると思います。

しかし、事故車などの修理履歴のあるバイクはどうでしょうか。
フレームの曲がりなどは、一般の人では見分けがつきません。
しかし、走ってみると直進できずに曲がってしまうというのは明らかにフレームが曲がっているのです。
一般の人では走ってみないとわからないことでも、査定士の目にかかれば、すぐにフレームの曲がりなどはわかってしまいます。
これと、同じように事故車などで、修理履歴のあるバイクはどこを修理したのかも査定士にかかればすぐにわかってしまうのです。

フレームの曲がりなどは致命的で、場合によっては買取り価格を設定できない場合があります。
また、このようなバイクに乗ってはいけないという勧告を受けることもあるでしょう。
それほど、フレームの曲がりというのはバイクの走行に致命的な影響を与えるのです。
それ以外でも、査定士が見ないとわからない修理箇所というものがあります。
そのような人の目で見ないとわからないような部分があるので、査定士はバイクの買取になくてはならない存在なのです。

バイクは自立しませんので、転倒などはあっても当然です。
もちろんないに越したことはないのですが、立ちこけ程度は日常茶飯事ですし、山を走ってコーナーを攻めれば滑って転倒することもあるのでしょう。
もっとも、転倒はないに越したことはなく、バイクにとっては転倒歴というのは大切です。

これは、購入する側に立ってみると当然で、少しでも程度の良いバイクを購入したいと考えるからです。
明かな転倒傷などは、買取業者の自前の工場で修理することができます。

ですから、注意したいことは、買取金額を上げるために自分で修理をしないことです。
自分自身で修理をしても素人の修理でしたら、見栄えをさらに悪くすることとなって買取査定については逆効果です。
それではと、修理業者に頼んで修理をしてもらうと、その修理代をペイできるほど買取金額は上がらないでしょう。

むしろ簡単な修理では買取査定に何も影響しないと考えてよいです。
ですから、修理代がムダになってしまうので、バイクを買取査定してもらう場合は何もしないほうがいいでしょう。
買取業者のほとんどは自前の修理工場を持っています。
ですから、そこで修理をするので、売却する側が前もって修理をする必要はありません。
買取業者のほうは原価のみで修理をしますから、価格的にもかなりの差が出てしまうからです。

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取

 

▲TOPにもどる

バイク売却 査定額

14
バイクの買取査定額は、そのときの市場価格で決められることが多いです。
現在はバイク市場もオークションがメインとなっていて、そこで買取り価格が決められるのです。
そのため、実際にバイクを買取ってもらうときの買取査定価格というの、こういったオークション市場の価格によってかなり左右されます。

そのうえに査定士の目が入りますから、必ずしもオークションの市場価格と同一になることはありません。
バイクの査定額を左右するのはバイク本体の状態にもよるのですが、市場価格の動向もかなり影響してくるのです。
実際に査定士が価格をつけても、それでバイクが売れなければ在庫として抱えてしまうので、買取業者としてもそのあたりはシビアにならなければいけません。

また、多くの場合、買取業者がユーザーからバイクを買取ってそれをそのまま、エンドユーザーに売却することはありません。
全部が全部ではないのですが、買取業者もバイク販売店に買取をしたバイクを買ってもらうのです。
もっとも、このあたりは流通経路がしっかりできているので、買取業者がバイクの買取をしてそのバイクが店頭に並ばないケースは稀と言えます。

その稀なケースというのは、不動車であったり、事故車であって、修理をしても売り物にならないバイクです。
このようなバイクは部品取りにされるか、解体業者によってスクラップになるのです。
もっとも、部品取りは当然ですが、スクラップでもお金になりますから、売却する側がお金を支払うケースはほとんどゼロと言ってもいいでしょう。

査定の評価は業者によって異なる

バイクの査定項目は、各業者で共通点が多いですが、加点や減点の幅など、それぞれのバイクをどのように評価するかは業者によって大きく違います。
例えばカスタム車両の場合、A社では基準価格に加点するけど、B社だと減点されてしまう事もあります。

▲TOPにもどる

>>カンタン入力30秒!ネットで見積もりOK!<<

バイク即日買取